【mikroBUS】PIC24FJ64GA002搭載のmikroBUSボードを開発しました。

2021年5月2日

開発したmikroBUS基板概要

米国のMikroElektronika社が提唱するmikroBUS規格に沿い
PIC24FJ64GA002を搭載したマイコン基板を開発しました。
SSOP-28タイプを選定したことにより基板外形を小さくできました。
他の28ピンPICシリーズを搭載することも想定しております。

mikroBUS規格について

基板のスタック化を想定した16ピンBUSとなっています。
規格の詳細についてはこちらをクリック して確認ください。
mikroBUSはアナログピン、PWM、UART、SPI、I2C等で構成されるので
センサーICやLED等との接続に適しています。
mikroBUSのピンアサインは下記表の通りです。

PIN番号機能PIN番号機能
1AN16PWM
2RST15INT
3CS14RX
4SCK13TX
5MISO12SCL
6MOSI11SDA
7+3.3V10+5V
8GND9GND
表1:mikroBUSのピン表

基板外観

mikroBUS規格PIC24FJボード
図1:PIC24FJ64GA002を搭載したmikroBUS規格のPICマイコンボード

開発したボードは上記外観となります。
mikroBUS以外にUSBポートを搭載しました。
それにより"電源供給"と"PCとのシリアル通信"を実現できました。
+3.3Vレギュレータを搭載しているので
USBバスパワーから安定してマイコンに電源を供給できます。
本基板以外にも多数開発しました。随時アップしていきます。

追記

PIC24FJ64GA002を搭載したmikroBUS規格のボードを開発したのを
きっかけに2020年3月MikroElektronika社に連絡のやり取りを始めました。

問い合わせ内容1

筋を通したいのでPIC24FJ64GA002を搭載したmikroBUS規格ボードの
量産販売を考えている旨を伝えたところ、
公式サイトに使用例として掲載していただける旨の快いご返信を頂きました。
2020年6月末日、本サイトにmikroBUS規格の記事をアップした旨の
連絡を入れましたが2021年5月時点公式サイト掲載はされていないようです。
量産した在庫が家で寝てます。

問い合わせ内容2

mikroBUSソケットに挿入することを目的とし
センサや液晶を搭載した”add-on board”の開発したい旨について問い合わせたところ
MikroElektronika社商標の「click」「clickboard」と
区別するために「mikroBUS Compatible board」の”OfficialLogo”を
作成し送ってもらえるとのことでしたが、
2020年6月末日に催促しましたが1年以上経った今連絡はありません。

まあhobbyistにいちいち構っていられないでしょうしね。

よろしければバナーをクリックお願いします!